ストリーミング配信

学術会議や各種セミナーのライブ配信など、インターネットを使用した中継配信の業務をサポートいたします。一般参加者に向けての配信サービスなど不特定多数への配信や特定の会場への(サテライトとして)中継を行います。

  • 異なる拠点間中継(閉鎖的ネットワーク)
  • 同一施設内サテライト中継(館内ネットワークや仮設ネットワーク構築)
  • インターネット(Youtube Liveなどの動画配信サービスによる中継)
  • インターネットテレビ会議システムの双方向中継
  • ストリーミング配信(専有サーバー)
  • 在宅講習会など講演者のPCよりリモートで対象者に配信するサービスをサポート

中継方法は様々です。ノートパソコン1台を使用し、Webカメラと画面共有を用いプレゼンテーションを配信するサポートからイベントなどでライブカメラやスクリーンの映像を同時にPinP(ピクチャーインピクチャー)で合成し配信を行うサービスまで幅広く対応いたします。
無料でご提供できるサービスなどもございますので、お気軽にご相談下さい。
インターネットの環境が無い場合でも弊社で仮設で提供を行います。また光回線を工事することが出来ない施設や場所でもモバイルネットワークにてサービスを提供することも可能です。ネットワーク環境の提供も同時に行いますのでお問合せください。

ハードウェアレンタル

配信用のPC不要で簡単に高画質・高音質配信可能な「Cerevo LiveShellX」は、インターネット回線とHDMI入力のみのシンプルなハードウェアストリーミングエンコーダーとなります。Youtube LiveLineライブIBM Cloud Videoなど様々なRTMPサーバー対応の配信サービスに対応しております。また、見やすい表示画面があり配信情報音声レベル情報などオペレーターに優しい仕様です。弊社ではオプションでストリーミングサーバーをセットで提供しております。サーバー情報は事前に弊社で設定を行いますので、配信をすぐに始めることが可能です。設定変更なども遠隔でサポートいたします。

配信までの流れ
Cerevoのアカウントを作成
LiveShellシリーズの設定情報を同期するために必要です。(弊社に依頼する場合は不要です)
ストリーミング先のアカウント作成
配信先アドレスの取得に必要です。(弊社に依頼する場合は不要です)
配信設定を行う
ストリーム数やRTMP対応サービスの設定を行います。ストリームに必要なサーバーURLとストリームキーが必要になります。
HDMIに映像ソースを入力
カメラやスイッチャーOUTの映像をHDMIで入力し配信の準備をします。
本番(配信スタート)
LiveShell本体・Cerevoダッシュボード内の配信ボタンで配信を行います。
配信サービスの管理画面にて本配信
LiveShell本体の配信をスタートしたあと配信サービスでも配信を開始する必要があります。LiveShell側の配信は配信サーバーへデータを送信しているだけですので、配信サービス側で最終的に配信を開始してください。

入力解像度は以下の通りです。

HDMI (1080p/60(59.94), 1080p/50, 1080p/30(29.97), 1080p/25, 1080p/24(23.976), 1080i/60(59.94), 1080i/50, 720p/60(59.94), 720p/50, 720p/30(29.97), 720p/25, 720p/24(23.976), 576p, 576i, 480p, 480i, VGA)*1
*1 HDCPには対応していません。

ストリーミング配信は「配信用のソフトをPCにインストールする、細かな設定が必要だったり」と難しいと思ってしまいますが、Cerevo LiveShellシリーズとてもシンプルで簡単に高画質・高音質の配信が可能な最強のハードウェアです。弊社ではハードウェア設定や配信サーバーの設定などすべてサポートいたします。もちろんハードウェアのみのレンタルも行っておりますが、より簡単に配信するために弊社のサービスをご利用ください。

ストリーミングサーバー

弊社では、「Vimeoライブストリーミング」にてご提供しております。低価格で高画質・高音質でのストリーミング配信することができます。Cerevo LiveShellXに設定を行いハードウェアとセットに提供いたします。もちろんVimeoライブストリーミングをご自身でご用意して配信することも可能です。ライブストリーミング配信を行うには、VimeoアカウントとVimeo Premiumプランが必要になります。詳しくはVimeoホームページでご確認ください。

Viemoライブストリーミングの他に、無料で配信を行いたい場合はYoutube Liveなど無料配信サービスも対応しております。

CD原盤を再生するイベント著作権の登録がある楽曲の演奏等では、有料・無料(非・商用配信)どちらも著作権申請が必要となります。各種申請は弊社では行っておりません。事前に必要な許可申請を行ってください。※著作権申請(JASRACまたはNextoneなど)CD音源使用許諾(日本レコード協会)にてご確認いただきますようお願い申し上げます。
どのようなイベント形態でも配信を行う際は申請・許諾が必要です。包括的利用許諾契約を結んでいる配信サービスをご利用いただく場合は、各配信サービス利用条件をご確認ください。

お問合せ頂きまして、誠にありがとうございます。内容を確認の上、弊社よりご連絡いたします。

{{data.title}}
{{data.subtitle}}
{{row.label1}} *
       
{{ row.answer }}
Designed by Freepik & macrovector